Monday, October 2, 2017

ギャランティーク和恵 夜に起きるパトロン 7インチアナログ盤

ギャランティーク和恵
夜に起きるパトロン
EXT-709 2017.10.4 RELEASE 1620yen (TAX IN)

SIDE A

夜に起きるパトロン (3:34)
作詞・作曲:町あかり 編曲:KASHIF

SIDE B


夜に起きるパトロン (3:37)

CHERRYBOY FUNCTION REMIX 7”EDIT
作詞・作曲:町あかり 編曲:KASHIF / CHERRYBOY FUNCTION

熱帯夜にじっとりと湿らせるアダルト・ニューウェイブ歌謡!エキゾチックでエレクトロなサウンドに乗せて淫靡に呼びかける「起きて…」。
配信のみでのリリースだった話題の楽曲が7インチアナログ盤でリリース!

歌謡曲を独自の世界観で選び抜き歌い継ぐギャランティーク和恵。2016 年に「ANTHOLOGY」と題して5回連続でリリースしたカバー集で、日本の音楽シーンにおける主要ミュージシャンのサポートを得ながら再び命が吹き込まれ、15 曲の隠れた名曲たちが和恵の歌と共に現代へ解き放たれたのは記憶に新しい。その余韻も未だ残る中で早々に次回リリースするのは久々のオリジナル曲となる、若き鬼才・「町あかり」作詞作曲によるニューウェーブ歌謡です。「平山みき× 近田春夫」「梓みちよ× 加藤和彦」「高見知佳× 戸川純」「郷ひろみ× 坂本龍一」など、80 年代には多くの歌謡歌手たちが、ニューウェーブのスターたちとコラボレーションしていました。歌謡曲がよりPOP になってゆく過程における、歌謡界の先鋭的かつ実験的試みでもあり、アダルトな世界とPOP な世界がクロスオーバーする独特のムードが生まれています。歌手生活15 周年を迎えるギャランティーク和恵が、そんなニューウェーブ的クロスオーバーを求めて選んだ相手は、ホームメイドPOP マエストロ、1979 年をひたすらループし続けるシンガーソングライター「町あかり」。彼女がビクターよりメジャーデビューする前、まだ高校2 年生の頃からすでに彼女の才能に触れていた和恵にとって、思い入れのあるミュージシャンでもあり、念願のコラボレーションとなります。アレンジャーには、5月にリリースしたファーストアルバム「Bluesong」で注目を浴びている、ギタリストの「KASHIF」。横浜の音楽クルー「Pan Pacific Playa」の一員として10 年以上に渡って活動し、一十三十一、スチャダラパー、((( さらうんど)))G.RINASugar's Campaign といったアーティストへの楽曲提供、ライブサポートで才覚を発揮している、今最も注目を集めているミュージシャンです。シティーポップ、AOR、テクノといったジャンルのミュージシャンに熱く支持されている彼のクールでエレガントなアレンジが、町あかりのPOP でキッチュな世界と化学反応を起こし、そこに和恵の怪しく淫靡なヴォーカルが溶け合うことで生まれる、奇妙でクセになる「アダルト・ニューウェーブ歌謡」がここに完成します。さらに、tofubeatsDORIANをはじめとした新世代のクリエーター達に多大な影響を与えている日本屈指のテクノトラックメイカー「CHERRYBOY FUNCTION」によるリミックス・バージョンをカップリング。本盤は配信のテイクとは異なる7インチエディット・バージョンを収録しています。



ギャランティーク和恵 <歌手>プロフィール

福岡県出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科中退。

1999年に歌謡集団「真夜中のギャランとハローロマンチカ」で活動を開始。主宰&ヴォーカルを務め、2001年に解散。

2002年、渋谷「青い部屋」にてオーディションを受け、ソロ歌手「ギャランティーク和恵」としてデヴュー。以降、都内のライヴハウスやクラブなど様々な場所で60'80'の日本の歌謡曲・演歌を中心としたライブステージを行う。

歌謡曲を懐メロとしてではなく日本の新たなスタンダートとして、有名無名を問わず独自の解釈と感性により選曲し、自ら歌い演じるスタイルを確立する。

ソロ活動の傍ら、ミッツ・マングローブとメイリー・ムーとのユニット「星屑スキャット」のメンバーとしても活動している。

主要取扱店

Thursday, June 8, 2017

URBAN DANCE 6月の雨 -IN THE BORDER TOWN- アナログ盤

URBAN DANCE

6月の雨 -IN THE BORDER TOWN-

EXT-708 2017.6.28 RELEASE 1620yen (TAX IN)

SIDE A
6月の雨 -IN THE BORDER TOWN- 7”EDIT
砂原良徳+成田忍+川喜多美子 (4:08)
作詞:川喜多美子 作曲:成田忍 編曲:砂原良徳

SIDE B
ひとコマの雨 -I'm On Your Side- 7”EDIT
Remixed by 永田一直+CHERRYBOY FUNCTION (4:45)
作詞:吉田美奈子 作編曲:成田忍

伝説のエレクトロ・ビート・バンド『アーバン・ダンス』、昨年リリースされたリメイク&トリビュート・アルバム『U-DNA』より、砂原良徳との共作6月の雨 -IN THE BORDER TOWN-』と永田一直+CHERRYBOY FUNCTIONによるリミックス『ひとコマの雨 -I'm On Your Side-』の7インチエディットのカップリングで待望の7インチアナログ化!
2015年にオリジナル・メンバーで再結成を果たしたアーバン・ダンス、2016年『トゥー・ハーフ』(1986年)以来30年ぶりとなるアルバム『U-DNA』をリリース。『U-DNAUDの遺伝子)』をキーワードに掲げたアルバムは、代表曲をメンバー自らの手で最新セルフ・リメイクした「UD SIDE」、UDを敬愛するさまざまなジャンル/世代のアーティストによるカバー、リミックス、コラボレーションから成る「DNA SIDE」の2枚組構成。その中でも人気の高かった、砂原良徳 (METAFIVE)との共作6月の雨 -IN THE BORDER TOWN-』(本アナログ盤のために砂原自身がエディット、リマスタリング)と、永田一直(ExT Recordings、和ラダイスガラージ)と、tofubeatsをはじめとする新世代のアーティストに多大な影響を与えているトラックメイカーCHERRYBOY FUNCTIONによるリミックス『ひとコマの雨 -I'm On Your Side-』の本アナログ盤用にエディットしたバージョンを収録。全テクノ・ニューウェーブファン必須の7インチアナログ盤です。


URBAN DANCE
細野晴臣が主宰したノンスタンダード・レーベルの第1弾新人アーティストとして、1985年に高橋幸宏のプロデュースでデビュー。強靭なエレクトロ・ビート・ポップ・サウンドで注目されたアーバン・ダンス。デビュー30周年にあたる2015年、コンプリート・コレクション『UDクロニクル』のリリースと共にオリジナル・メンバーで再結成を果たした。
https://ja-jp.facebook.com/urbandance30th/

主要取扱店

Tuesday, May 2, 2017

ギャランティーク和恵 茅ヶ崎メモリー アナログ盤

ギャランティーク和恵
茅ヶ崎メモリー
EXT-707 2017.5.3 RELEASE 1620yen (TAX IN)

SIDE A
茅ヶ崎メモリー (4:05)
作詞:宮下康仁 作曲:新田一郎
SIDE B
マイ・ジュエリー・ラブ (3:50)
作詞:篠塚満由美 作曲:馬飼野康二 

歌手生活15年目を迎えるギャランティーク和恵。2016年より定期的にリリースしている『ANTHOLOGY』シリーズから、待望の7インチアナログカット!
人気和モノDJパーティー「和ラダイスガラージ」のMIX CDにも収録され、フロアでも度々プレイされている、茅ヶ崎メモリー(オリジナル:新田一郎/堀江美都子/ラジオっ娘)と、マイ・ジュエリー・ラブ(オリジナル:大地真央)のカヴァーをカップリングで収録。原曲にも劣らないパワフルでエレガントな生演奏による楽曲は和モノDJプレイにおいても即戦力になる一枚です。参加ミュージシャンも、日本のポップスシーンの第一線で活躍する面々で、和恵のライブを8年以上支えてきたメンバーでもあるキーボードに頭脳警察のサポートでもあった中山努、ベースに元ファントム・ギフトのサリー久保田、ギターにヒックスヴィルの中森泰弘、ドラムにGREAT3の白根賢一、サックスに松本健一、パーカッションに井谷享志など歌謡曲の上質なアレンジを壊すことなく、現代に甦らせる粋な大人たちのプレイに乗せて、和恵の柔らかく深い歌唱が聴く者の心にやさしく寄り添うように響いてきます。アートディレクションは鶴岡龍とマグネティックスの7インチなどや、和ラダイスガラージ総合美術監督を務める浮舌大輔 (20TN!)。写真は『ANTHOLOGY』シリーズのジャケットを撮り下ろしてきた下村しのぶ(Flamingo)。
ミュージシャン
中山努(key)/サリー久保田(b)/中森泰弘(g)/白根賢一(ds)/井谷享志(parc)/松本健一(sax,fl
ゲストミュージシャン
<茅ヶ崎メモリー>二村亮(tp
<マイ・ジュエリー・ラブ>田澤麻美(tp)/多田ルミエ(tb

『ANTHOLOGY』シリーズ
歌謡曲を独自の主観と音楽性で選び抜き、現代へ新しい息吹を与え続けている歌手・ギャランティーク和恵が、2016年より「Anthology」シリーズとして、今までに歌ってきた歌謡曲の隠れた名曲たちを新たに収録します。「Anthology」は「短編集」の意。1970年~1980年にかけて生まれた数々の歌謡曲を、季節・情景・作家などのテーマから、和恵自身が唄で纏め上げる3曲を1パックにして、3ヶ月に1度のペースでこれまでに4タイトル、2017年5月には5作目をリリース。


ギャランティーク和恵 <歌手>プロフィール

福岡県出身。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科中退。

1999年に歌謡集団「真夜中のギャランとハローロマンチカ」で活動を開始。主宰&ヴォーカルを務め、2001年に解散。

2002年、渋谷「青い部屋」にてオーディションを受け、ソロ歌手「ギャランティーク和恵」としてデヴュー。以降、都内のライヴハウスやクラブなど様々な場所で60'~80'の日本の歌謡曲・演歌を中心としたライブステージを行う。

歌謡曲を懐メロとしてではなく日本の新たなスタンダートとして、有名無名を問わず独自の解釈と感性により選曲し、自ら歌い演じるスタイルを確立する。

ソロ活動の傍ら、ミッツ・マングローブとメイリー・ムーとのユニット「星屑スキャット」のメンバーとしても活動している。

主要取扱店

-->

Friday, March 10, 2017

鶴岡龍とマグネティックス VINYL RELEASE PARTY

鶴岡龍とマグネティックス
VINYL RELEASE PARTY
2017.3.18 (SAT) OPEN/START 23:00
@ FORESTLIMIT (HATAGAYA) 
CHARGE : 2000yen w/1d

LIVE
鶴岡龍 a.k.a. LUVRAWとマグネティックス

GUITAR DJ
KASHIF

DJ
永田一直
ヒューヒューBOY
S-LEE
Kent Alexander

VJ
20TN!

FORESTLIMIT 東京都渋谷区幡ヶ谷2-8-15 幡ヶ谷K3ビルB1F 
TEL : 03-6276-2886

鶴岡龍とマグネティックス ドレス アナログ盤


鶴岡龍とマグネティックス

ドレス

EXT-706 2017.3.15 RELEASE 1500yen (TAX IN)

SIDE A
ドレス (4:46)
SIDE B
されんだらぁ ~サヨナラするのはツライけど~ (VINYL VERSION) (4:35) 

横浜が生んだメロウ・トークボクサーのLUVRAWが改名し、新たに「鶴岡龍とマグネティックス」名義でリリースしたアルバムから待望の7インチアナログ盤でのシングルカット!

2016年末、鶴岡龍 a.k.a. LUVRAW自身のレーベルであるIMAGECLUVから限定リリースし、瞬時にほぼ全店でソールドアウトしたアルバム「LUVRAW」は、ヴィンテージ機材を豊富に使用したエクスペリメンタルで妖しいエキゾトラックを様々なゲスト・ミュージシャンの演奏で仕上げ、新境地を感じさせる唯一無二の大傑作各所で絶賛され、DE DE MOUSECHERRYBOY FUNCTION、町あかりのアナログ盤のリリースで知られるレーベルExT Recordingsからのリクエストにより7インチアナログ盤のリリースが決定。妖艶なムード・トークボックス歌謡とも言える「ドレス」と、一十三十一に提供しセルフカバーした「されんだらぁ ~サヨナラするのはツライけど~」のアルバムとは別MIXVINYL VERSIONをカップリングで収録。カッティングには鶴岡龍本人とExT Recordings/和ラダイスガラージ の永田一直が立会い、7インチ45回転アナログ盤特有の高音質仕様になっています。クラブミュージックだけでなく和モノファンにもオススメしたい7インチアナログドーナツ盤です。